« ボクラ共和国の話 その2 | メイン | 一周年の話 »

2008年12 月25日 (木)

コメント

助監督

彼は各国を巡る中で8カ国ぐらいの言葉を習得したらしいが、
どうにもこうにも日本語だけは話すことが出来ず

 、という手合い海外には多いですネ、ボクも最近ベルギーで同じTaxiDriverがアラビア語、独、仏、英語出来るが日本語はコにちわだけ、ってのが。

「Good bye は?」
「さよなら」

 、でなく Good bye Daysなので「さよなら」でなく「日々」と言う事でかね。

でも監督はInternationalですね。

ふるひ~JMW

監督、こんにちわっ!
「ガチ☆ボーイ」やblog。ドラマなどなど、色々楽しませて頂き、今年1年有難うございました。
って、今年最後の記事かは分かりませんけどね。

日本語は難しい。日本人ですらね。
けど、海外の方はそんなに日本語上手くなくていいと思います。多分日本人だって海外へ行ったら「片言」です。
お互い理解しようと思えば、「片言」で充分。
それに、「yes」「no」そのくらいは日本でも通じますし・・・ね。

以前、私の勤める会社に南米の方が見学に来たとき、英語でさえ厳しいのに、スペイン語だなんて・・・と。
当然通訳も同行しているのですけど、見せる機器など全ての名称をスペイン語に訳したシールを貼って迎え入れたんです。
間違った翻訳かも分からない。でも、そんな事よりもそう言った工夫をした事に対して非常に喜んでくれました。
文化は違えど同じ人間。気遣う気持ちがあれば、言葉なんて大した事はないのかも知れません。

てるにゃん

まさにそのとおり!!
私もココで日本語を教えて!っていう外国人の人たちと同じ経験をよくします。
ホント私たちって『いいえ』って実は言わないんだよね…
よっぽど丁寧な会話でなければ…

まさに“Noと言えない日本人”(笑)

でも、英語でも実はよく
『I'm fine』『I'm OK』『I'll think about it』とかいわれますから、
『じゃぁ、大丈夫です』とか『私はいいです』とか『考えてみるわ』ってことでしょうねぇぇぇ…

結構日本と一緒よね?

でも、やっぱり、
片言の日本語で『いいえ』を連発されても、
“とても丁寧な日本語”とうけとめられるんじゃないかしら?

きっと、一生懸命日本語ではなしてくれるという事実が嬉しいなって感じると思うよ☆

olohuone

ちょっと考えてみたら「いいえ」って私は使っている気がします。
でも、「いいえ」じゃなくて「いえ」って言うことの方が多いかも??

爺「これ、食べる?」
私「いえ、いいです」
みたいな感じで。

この記事へのコメントは終了しました。