« ガチ☆ボーイと学生プロレスの話 その1 | メイン | ガチ☆ボーイと学生プロレスの話 その2 »

2008年5 月22日 (木)

コメント

きのこ

文化や言葉が違うイタリアの人まで感動する映画なんてすばらしいですね。

素人である観客に選ばれたというのがとても価値があると思います。だって、映画は大部分の素人が見るものですし、いち観客である私がそうであったように、へたな先入観無く映画が楽しめたんだと思います。
アンコールシネマとかでもう一度日本でも上映してほしいですね。小さなテレビではなく、大画面で鑑賞したいです。

ふるひ~JMW

監督、こんにちわ!
受賞おめでとうございます。
凄いですねぇ~(^_^;)
ガチ☆ボーイ。最後に「ヨッシャー!!」と思える映画でしたので、また観たくなりました。
DVDはいつ頃・・・。

つん

遅ればせながら受賞おめでとうございます!
自分も「ガチ☆ボーイ」見ながら最後の方立ち上がりたくなりました。というか立ち上がるかと思いました。でも人目を気にしてしまいました。
言葉では説明できないんですが、とにかく「ガチ☆ボーイを」見ていて湧き上がった感情というか、映画を見てきて初めての感覚は忘れられません。もうスクリーンで見れないのが残念です。DVDが待ち遠しい!

世界共通に伝わる何かが「ガチ☆ボーイ」にはあるんだって改めて感じ嬉しくなりました。

olohuone

大変遅ればせながら・・・・ですが、
おめでとうございます!!!
やっぱり、胸をうつものは万国共通なんですねっ!

この記事へのコメントは終了しました。