« モグリングとトリングの話 | メイン | 『行列のできる刑事』再放送の話 »

2011年9 月 4日 (日)

コメント

老いた北きつね

「タイヨウのうた」の時期でしたか、札幌での講演を聴きにいったことがあります。
早めに会場に着いたので、自販機でコーヒー缶を購入していました。その近くを一人の若者が歩いてきました。同じく講演を聴きにきた青年だろうと思いましたが、誰か数人の人がサインを求めており、監督さんはそれに応じていたのです。実は、その講演までは、映画監督だから年配の方だとの先入観をもっていました。
そのサインしている若い人が監督なんだと、びっくりしたのを覚えています。私もちゃっかりと、サインをもらってしまいましたけど。講演は、楽しく興味を持って聞かせていただきました。

Norihiro Koizumi

覚えてます、そのシチュエーション。あの場にいらしたのですね。あの時は僕もまさか入り待ちされてるとは思わず、驚きました。懐かしいです。講演も楽しんで頂けたみたいでよかったです。確か短編映画を上映するつもりが、機械との相性が合わずに断念した思い出が••••••。
これからも応援よろしくお願いします。

北きつね

中学生の頃から大学までだったか、8mmやってました。
今のように短編映画作品という時代じゃなくて、趣味的なものでしたけど。映画はいいですね。特に、映写機のカリカリとフイルムを送る音が好きなんですよ。当時、フイルムを編集して接着剤でフイルムをつないだものです。これからもダシのきいた味のある?作品を作っていってくださることに期待しています。サインは大事にしまってありますが、ノートだったので失礼しました。色紙を持っていなかったので。
確かに、会場ではちょっとトラブルがありましたね。

みよし

応援しています

サトシ

応援しています
がんばってください

Norihiro Koizumi

皆様、温かいお言葉ありがとうございます。
なかなか更新できませんが、再開するつもりはあるので、懲りずにどうぞお付き合い下さいね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)